デュアルSIM化とは

​デュアルSIM化のメリット
■SIMを2枚さして使えるようになる
■2台持ちを1台にできる
■DSDS対応なので電話は同時に待受できる
■個人用・仕事用の使い分けが簡単に
■物理SIMなので気軽に端末間でSIM交換ができる
■香港版のデュアルSIM対応iPhoneよりも安く入手できる

デュアルSIM化のデメリット
■分解によりAppleのサポート内容に制限がかかる可能性がある
■やや難度の高い精密分解作業が必要
■eSIMサービスが使えなくなる

本来1枚のSIMしか入れることのできないiPhoneですがデュアルSIM化することにより2枚のSIMを自在に使えるようになります。どちらのSIMの番号でも待受可能ですので2台持ちを1台にしたりもできますし、通信制限のときでも切り替えて快適通信をしたりできることでしょう。
SIMの入れ替えだけで他の端末に戻したり移行したりもできるので二台に戻したいときや機種変更したいときも手軽に行なえます。
高価な香港版iPhoneでは標準とされてる機能ですが、それをパーツ交換により格安で実現することが出来ます。ソフトウェアの改造は一切行わないのでiOSアップデートで機能が塞がれたりすることはないので安心して使い続けることが出来ます。

デュアルSIM化の欠点はアップルケアプラスなどのサポートが分解により受けられなくなる可能性があります。可能性なので受けれたり受けれなかったり担当者と端末状態に左右される模様です。
ただし、保証関係なしの有償修理(バッテリー交換や基板不良、液晶交換)は通常通り受け付けてもらえるので、全てのサポートが受けられなくなるわけではありません。

分解作業により専用のSIMスロットを取り付ける際ですが、液晶と本体を繋ぐ繊細なフレキシブルケーブルなどに干渉する作業があり、精密作業に慣れてない人が挑むとコネクタやケーブルを傷めて破損させる可能性がございます。当店に作業依頼して頂ければ手間とリスクを回避することが出来ますのでご検討ください。

また、eSIMという一部の格安SIM会社が提供しているサービスを使えなくなります。eSIM自体は面白いサービスですが、使える端末が極端に少なく、対応キャリアも僅かであることから自由度が低いという欠点があります。またeSIMを使ってない人にとっては無用の機能ですのでデュアルSIM化により使えなくなったとしてもデメリットには実質ならないものでしょう。

当店ではDualSIMパーツ取付作業代行サービスの提供以外にも、スマートフォンアクセサリー販売、パーツ販売を行っています。

ご自身パーツを揃えてカスタムに挑戦することも可能です。​

i6.jpg
i5.jpg